冬に飲むビール:ホッとビールどっとこむ

冬に飲むビール

冬はビールの売り上げが落ち込むと言います。

嘆かわしいことです。

誰も本当のビールの飲み方を知らないらしい・・・

冬こそビールの美味しい季節なのに・・・

私は、夏は常温、冬は温めて、
ビールを飲みます。

風呂上がりに飲む温かいビール。

これ、最高です。

なぜ、温かいビールがまずいと思うのか、
不思議でなりません。

そこで、この記事を読んでいるあなたに、
ビールの最も美味しい飲み方を伝授します。

9月下旬から6月上旬くらいまで有効な飲み方です。

ご参考になさってください。



まず、お風呂に入るときに、2本持ちます。

こんな感じです。

ビールを2本

そしてビールと一緒にお風呂に入ります。

こんな感じです。

一緒にお風呂へ

ビールと一緒にお風呂から上がって、
ビールとひとつになります。

こんな感じです。

風呂上りの一杯

多分、世界で一番、幸せなのは自分なのだろうと思う瞬間です。



さて、この方法を思いつく前は、
冬は1日2本程度だったのですが、
この方法を思いついてからは、
4本ほどたしなみます。

といっても、もう一度風呂に入るわけではありません。

やかんで温めます。

こんな感じです。

ヤカンで温める

ヤカンで温める

ギリギリ手で持てるくらいまで温めます。
(というのも、この方法を思いついてからというもの、
お風呂で温めるくらいでは物足りなくなってしまったのです。)

そして、やっぱりビールとひとつになります。(※)

かんして一杯

無上の幸せです。



   冬はホットで



(※)温めないとビールとひとつになることはできません。
   なぜなら、人間の体温とビールの温度との間に開きがあるからです。
   この溝を埋めることなしにビールとの一体感を味わうことはかないません。
   この溝があなたからビールを遠ざけています。
   ビールの温度が人間の体温と同等であるとき、
   人間とビールはひとつになることが出来ます。
   それは、冷蔵機器の発達に伴って忘れ去られてしまった、
   本来のビールと人間との関係でもあるのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。