ぬるくても美味いビールの選び方:ホッとビールどっとこむ

ぬるくても美味いビールの選び方

どうすれば、温めても美味いビールを見つけることが出来るのでしょう?

それは、実際に飲んでみることです。

こればっかりは、飲んでみないと分かりません。

好みの違いがありますので、
「○○なビールは、温めても美味い」
とは断言できないです。

とは言うものの、
やみくもに手当たりしだい飲むのも不経済ですし、
ハズレが多いと萎えてしまいます。

なので、ご参考までに、私の経験をお伝えします。
(あくまで個人の感想です。)

***

あっさりしたビールは、だいたいOKです。

たとえば、
サントリーのマグナム(ゴールデン)ドライとか、
アサヒのスーパードライとかです。

特に私の場合は、たくさん飲むので、
サラリとしていないと、途中で嫌になってしまうんです。

その意味では、逆にあまり量を飲まない方は、
どんなのでもいけるのかもしれません。

あと私の場合は、「その他の醸造酒」を美味しいとは感じませんでした。

はっきり言えることは、温めてまずいビールは、
そもそもまずいのだ、ということです。

温めるとごまかしがきかないのです。

冷えていれば冷えているほど、
ごまかしがききます。

なんせ、舌が麻痺しているのですから。

へたをすると、キンキンに冷えてさえいれば、
へんなものが混ざっていても分からないかも知れませんね。(苦笑)

あとは、なにより慣れというのは大きいです。

私がはじめて発泡酒を口にしたとき、
「こんなモノ飲めるか!」
と思ったのを覚えています。

ところが、今では、発泡酒の方が美味いと感じることが多いです。

ですから、よっぽどまずくない限りは、
許せる範囲であるなら、
しばらく続けてみることです。

「こりゃやっぱりダメだ」となるか、

「ん? ありかも・・・」となるか。

もし、後者なら、

   宝物を見つけたことになります。

一生の。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。